18歳未満とセフレになれば

日本二大セフレ募集
無料で登録出来る超巨大セフレサイト

 

セフレ募集は大人の関係だと表現されますが、ここに子供が混じってしまっては大変です。18歳未満と関係を結んでしまえば、それは立派な犯罪として摘発される行為となります。基本的には悪意を持って出会おうとしなければ、18歳未満と出くわすことはないかもしれません。それでも、自分では成人女性とセフレになったつもりが、相手が年齢を偽っているようなケースは後を絶ちません。

 

児童買春というのは、本人に自覚があったかどうか、女性が偽っていたかどうか等は関係なく違反とされています。常に法律のことを意識して利用する必要があるわけですが、個人の力では限界があるのも事実です。

 

■きちんと年齢確認をしている優良サイトを活用する

 

当たり前のことですが、未成年とうっかりセフレにならないためには、最初から大人しかいない場所を使うのが一番です。出会い系サイトでは、既に法律で年齢確認が義務付けられていますので、きちんとルールを守った運営をしている場所を選択しましょう。

 

この年齢確認についてですが、自己申告だけで済むわけではなく、きちんと証明書の提示が求められます。代表的な証明方法を挙げると、運転免許証や保険証があります。いずれにせよ年齢に関する表記がされたものが必要ですから、公共料金の明細等では不十分となります。

 

大手サイトになるとクレジットカードを使って、決済と同時に年齢確認も済ませることが可能となっています。こちらの方法を使えば、非常にお手軽に済みますので、信用できるサイトであれば利用を検討してみましょう。

 

■摘発率が高く、失うものが大きい児童買春

 

ネットでセフレを作れるという実感を持つと、つい若い女性と関係を持ちたくなるかもしれません。18歳以上であれば問題ないのですが、中にはそれより若い未成年に手を出したくなってしまう人もいるでしょう。

 

通常の出会い系サイトを使わずに、LINEの非公認掲示板のような場所を使って、18歳未満と関係を持とうとする男性も少なからず存在します。しかし、それで出会ってしまっては犯罪ですし、立派な児童買春となりますので逮捕されても文句は言えません。

 

皆さんも新聞やテレビで、児童買春に関するニュースを目にしたことがあるでしょう。大して珍しく感じることもないニュースですが、それだけ摘発された件数が多いということです。おそらく捕まった男性はみんな「バレないと思った」と答えることでしょう。

 

特にインターネットでの出会いは、証拠となる記録も残りやすいので、18歳未満とセフレになるのは法的に無理だとあきらめてください。

ホーム